江坂昼キャバの魅力と料金|キャバクラは敷居が高い!?いいえ、意外と安く楽しめるのです!

キャバクラは敷居が高い!?いいえ、意外と安く楽しめるのです!

江坂昼キャバの魅力と料金

スマホを見ている女性

ここ数年、昼から夕方ごろまで営業する昼キャバというキャバクラが急増しています。キャバクラは男性が行く夜のお店として、いつの時代にも人気を博していました。夜のお店というイメージの強いキャバクラでしたが、昼キャバが誕生したことで客層も広がりを見せています。大阪の歓楽街である江坂にも昼キャバはあります。仕事の都合で夜にはキャバクラで楽しむことができないという男性は数多く存在します。そんな男性のニーズにピッタリとはまっているのが、江坂の昼キャバです。江坂は駅からも近くアクセスも良好な街なので、地元の人はもちろん、国内外の観光客も利用しやすい地域です。江坂には大阪の大型キャバクラグループも進出するなど昼キャバ業界も活気付いています。江坂の昼キャバは、静かな雰囲気の中で女の子と楽しくおしゃべりがしたいという男性に人気です。

昼キャバと夜キャバとは営業時間をはじめキャストのタイプや料金設定、店内の雰囲気など、さまざまな部分が異なります。その違いが夜のキャバクラを利用していない新しい客を呼んでいます。大阪を代表する歓楽街の一つである江坂エリア周辺にも昼キャバは点在しています。今注目されている昼キャバですが、まだまだ新しいジャンルということもあり、分からないことも多いかもしれません。特に料金システムについては、あらかじめリサーチしておくと安心です。江坂にある昼キャバは夜キャバと同じ料金設定で営業している店舗が多いです。60分が1セットで、6,000円ほどから利用できます。延長は30分から可能で、30分なら4,000円、1時間なら7,000円ほどの延長料金が追加されます。その他に、指名料やキャストのドリンク代、ボトル代などが加算されます。料金システムについては店舗によって異なりますので、事前の確認は必須です。